モリクン ベスト・アルバム『ザ・ベリーベスト・オブ・モリクン』

モリクン ベスト・アルバム『ザ・ベリーベスト・オブ・モリクン』 『ザ・ベリーベスト・オブ・モリクン』
BQGS-28 ボルテイジレコード
2014年1月8日全国発売 初回限定CD2枚組仕様 税抜定価2500円

1.ロックバカ一代 
2.バイト人生 
3.家を出た 
4.中3の歌
5.イヨカン 
6.ひらめきGIRL
7.雨男
8.急いで
9.プレゼント
10.レッツゴーロック人生

甘酸っぱいパワーポップ!
これがティーンエイジ・ロックンロールの真髄!!

'80 年代から、ザ・ポテトチップス、グレイトリッチーズなどで活躍してきた稀代のロックンローラー「モリクン」。
本作は、生誕50歳を記念してのベスト・アルバムで、名曲ばかり全10曲が最新録音で収録されている。
ザ・ポテトチップス時代のヒットシングル「家を出た」をはじめ、パワーポップ~パブロッ ク~'60年代ブリティッシュ・ビート的な
キャッチ―な日本語のロックンロール・サウンド。
初回限定特典として、ザ・ポテトチップスの1991年12月のライブCDが付いた2枚組仕様。


特典CD『LIVE THE CHIPS!』(商品に曲目は掲載されておりません)
1.気にしないで 2.ロックでぶっとばせ 3.あそこへ行きたい 4.ゆらゆら 5.もう会えない 6.夢でもいい
7.12月のメロディ 8.せんたく男 9.がっかりさ 10.OH!はったり 11.バイバイベイビー 12.HAPPY HAPPY SHAKE

*ザ・ポテトチップス、1991年12月、代々木チョコレートシティのライブ録音。 実質的にはポテチの最後のワンマンライブとなったが、チャーリー森田加入以降の後期ポテチの充実したライブの模様が良質な録音で収められている。 ゲストには当時グレイトリッチーズのキーボードだった杉浦哲郎(現スギテツ)が参加。 メンバー:もりくんvo&g、小島史郎g、鈴木まさるb、チャーリー森田ds ゲスト:杉浦哲郎key



*私は推薦する!*

◎ワタナベマモル (ワタナベマモル&ザ・デイビス)
スゴくキレイなPOPなメロディーラインと自分の生活そのまんまの歌詞がアンバランス?なもりくんワールド全開バリバリ。
「家を出た」「プレゼント」など25年以上も古い曲が混ざっても全然違和感がないのがスゴイね。
もりくんってやっぱりスゴいメロディーメイカーだね。タバコくん、あまっぺ、オバくんの演奏もナイスです。

◎大木ハルユキ (ザ・ピーズ)
ベスト盤とか、モリくんなら、どーせいい曲ばっかしなんだから選ぶの大変だ。50記念録音すね、ブリブリ現役、おめでとうございます。
青春の神様モリくん、切なく暑苦しく、たまらーんです。「センタク男」は?まーいーや。  
50ベストでホッとして死なないでくださいね。これからもよろしくです。フィンガー5やりたいな。

◎増子直純 (怒髪天)
昭和が平成になろうが、バンドブームが終わろうが、50になろうが、モリクンはずっとずっとモリクンであるどころか、
より一層モリクンになってる!!  
半世紀のモリクン万歳! コレ聴いて何も感じないなら、君はロックンロールが好きじゃない人だな。

◎井上アツシ (ニューロティカ)
20年以上の付き合いでロックしているモリ君は、みんなの人気者です!ありがとう!!!
この言葉送ります!俺のハゲになります、いゃ俺のハゲみになります! 個人的には「プレゼント」が好きです!これからも、よろしく哀愁です。

◎森純太 (ジュン・スカイ・ウォーカーズ)
モリクンと出会って“27~8年”は経つのかな? ちょっと先輩の彼とは、LIVEのステージを観るよりもバックステージで良く会っていた記憶があります☆。 一番最初に“渋谷Lamama”で(モリクン在籍だった)グレートリッチーズのLIVE観て、すぐに彼らのソノシートを買いに行って…、そんな話は置いといて(笑)。  
モリクン生誕50周年おめでとうございます☆。再録のこのalbumには“思い出が沢山”詰まっていて、つい20代に戻ってしまいます! 聴くだけで、あの頃一緒に話したRockPile、NICK LOWE、Elvis Costello etc.etc. あの光景をいまだに思い出す。
②バイト人生 ③家を出た ⑨プレゼントがお気に入りです☆名曲!

◎佐藤シンイチロウ (the pillows)
名曲モリクン珠玉のメロディ集ですね。モリクン節は好きなのだ。50才おめでとうございます。来年追いつきます。よろしく。

◎トモフスキー
前からモリくんはスゴイって思ってたけど、あらためていい曲ばかりだなあって感じながら聴きました。今回のベスト盤に入りきれなかった他の名曲たちを早く第2弾でお願いします。コーラス録音の時は混ざりたい。よろしく~!

◎猪狩剛敏 (新宿レッドクロス)
〈イヨカン〉を初めて聞いたのはもう随分前の事。本当にビックリした。ギルバート・オサリバンの〈アローン・アゲイン〉を聞いた時と同じ感じがした。タメ息が出るほどいい曲。レノン=マッカートニーなら〈イン・マイ・ライフ〉辺りか?
レッドクロス(新宿のライヴハウス)で10年間毎日バンドを見てきましたが〈イヨカン〉のような凄い曲に出会う事は滅多にない。あとはTheピーズの〈絵描き〉。この2曲は僕にとってもレッドクロスにとっても名曲中の名曲!昔〈イヨカン〉をやらなかったライヴの後「やらなきゃダメですよ!名曲なんだから!」って楽屋に文句を言いに行きましたよね。その節はすいませんでした先輩。歌詞も本当に素晴らしい。“今日からは 昨日なんて 振り返る事しなくていい 。今日からは 僕は 生き生き生きて行く”…特にここが好きです。コード進行、メロディー、歌詞、アレンジ、ギターソロまで最高です!この曲がやっと世に出る。待ってたと同時に遅過ぎる!
このアルバムのもう一つの聞き所は〈家を出た〉〈バイト人生〉〈ロックバカ一代〉のブルース3部作です。様式美だけを真似たブルースには本当にウンザリ!これが本当のブルースでしょ?赤裸々すぎて笑えない!思わず涙が…Very best of MORIKUNはモリクンの50周年にモリクンからの最高のプレゼント!

◎甲本ヒロト (クロマニヨンズ)
モリクンは、みんなの心に住んでいる。いつも心にモリクンを!!

◎ワタナベイビー (ホフディラン)
私はもりくんのファンです。たぶん一番の大ファンだという自信すらあります。
いまだにもりくんのライブには足繁く通っています。
40を過ぎて子供も生まれ、ライブを見に行ったりする機会もガクンと減った今日このごろ…。
そんな私がここ数年に客として見に行ったライブ一覧表をご覧ください!
いかに私がもりくんファンであるかという事実を示してくれていると思います。
・2010年 ボブ・ディラン もりくん
・2011年 もりくん
・2012年 ザ・ビーチ・ボーイズ もりくん
・2013年 ポール・マッカートニー もりくん

どうですか!すごいラインナップでしょう?
もりくんは私のロック・スターです!50才おめでとう!

モリクンHOMEへ戻る